必要性の少なくなった固定電話の設置

電話の設置は、時代によって通信技術が変わってきている みなさんのご家庭では固定電話を設置していますか。以前であれば、各家庭に必ず固定電話を設置していましたし、実際に私の実家でももちろん固定電話を引いています。
しかし、最近の若い夫婦の家庭では、固定電話を設置していない家が増えてきていると思います。
私の家にも固定電話はありませんし、最近長男が幼稚園に入園したのですが、連絡網の約半数は携帯電話の番号が乗っています。

固定電話を家庭に設置しなくなった大きな理由はやはり携帯電話の普及です。

今では一人1台の携帯電話を保有するのが当たり前のようになってきています。
電話は家庭に置いておくものではなく、常に身に着けていて、何か用事があった時にはすぐに直接連絡を取るということ出来るのでとても便利になったと思います。
それでも、携帯電話が普及し始めたころは、まだまだ固定電話を置く家庭が大多数でした。
その理由は、重要書類などに電話番号を記入する際に、携帯電話の番号が認められていない場合が多かったからです。

しかし、今ではほとんどの場合は携帯番号でもOKになり、その分あまり使用する機会がないのに月々の基本料金を支払わなくてはならない固定電話を新たに設置する家庭が少なくなったのだと思います。
もう一つの理由は携帯電話をほかの会社に乗り換えるときに、番号を変えなくてもよくなったこともあると思います。
ずっと同じ番号を使用できるならば、固定電話と状況はあまり変わらないからです。

私の家にも固定電話はありませんが、それでも今後の子供関係の付き合いを考えると、もしかしたら設置する機会があるかもしれません。

Copyright (C)2022電話の設置は、時代によって通信技術が変わってきている.All rights reserved.