電話にもいろんな種類が設置したんです

電話の設置は、時代によって通信技術が変わってきている 今は家にある電話は使う回数が本当に少ないです。

携帯電話がメインなので掛かってくる分には影響はないですがたまに掛ける時は使います。
しかし昭和の終盤の頃には電車の中でも公衆電話が関西でしかも特別料金不要の車両に設置されていました。
でも一つ不便だったのはコインが使えないことです。

カ一ド式だったことです。

まだ携帯電話がない時代でしたから一部の人は使っていたかと思います。
当時は大阪から京都までノンストップの頃だったので途中で下車することが不可能だったのでありがたかったと思われます。
ちなみに昔は赤と黒の二種類が存在していてダイヤル式の回すタイプだったのです。

これは今でもどこかにありますね。
でも現在はファクスも流通していますので掛けないですぐに届くので便利ですね。電話は電気屋で購入することができますのでうれしいですね。回線をむ繋ぐだけですが電柱が何かの原因で切れてしまったら復旧まで数日は掛かりますね。今でも公衆電話はどこかに一台ありますし電話帳も置いてありますので調べることができます。
その地域に行けば知り合いや親戚などの番号と住所なのがわかるのでありがたいです。

しかし契約していない家庭のは無理なんです。

今は本当にいろんな機能もついていねのでボタンひとつあれば簡単で便利です。

昔は回すだけしかない時代なので不便でした。
そんなに使ってどういるのだろうと思ったのに違いありませんか。使いすぎて怒られた経験はないですか。設置した時代はいつなんです。

Copyright (C)2022電話の設置は、時代によって通信技術が変わってきている.All rights reserved.